ネガティブをポジティブに変えるラッパー/シンガー YOUNG FREEZ(レビューつき)




 

 

ラッパー/シンガーの代表格

ここ最近のHIPHOPの傾向として、ラップができるのは当然として歌にも力をいれるラッパーが増えてきました。そんなラッパーの代表格・YOUNG FREEZは、’18年10月10日(水)に3年ぶりとなる2ndアルバム『YOU.』をリリース。

先行シングル曲『PICK YOU UP feat. SALU』が、YouTube公開初日だけで14000回以上再生され、Apple Musicの「今週のNEW ARTIST」に選ばれるなど注目を集めています。

 

そこで今回は、YOUNG FREEZの魅力に迫っていきます。


 

 


アルバム『YOU.』より『PICK YOU UP feat.SALU

(Prod. by JIGG)

 

「君が座る椅子を増やして」

孤独なあなたにおくる曲。
YOUNG FREEZの歌の良さが発揮され、優しさにあふれた作品に仕上がっている。
SALU の細かく刻むラップがHOOKを引き立てる。
特に小気味よく「PICK YOU UP」と連呼する箇所が気持ちいい。

もしあなたが孤独なら手を伸ばして欲しい。
この曲がその手を受け止めてくれる。
そして共に行ける、この列車に乗って。

 

 


YOUNG FREEZの歌声の魅力

 


① つややかな声

② 優しく語りかけるフロー

③ 影があってどこか寂しげ

④ それでいて愛に満ちている

 

 

 

 

 

 

 


歌の魅力が詰まった2ndアルバム『YOU.』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■アルバムレビュー

1stアルバムで見せた硬いラップを継承しつつ、フローを重視した作品。ゆったりとしたテンポで統一されており、シンガー/ラッパーとしての魅力が堪能できる。

3曲目『INTO YOU』の“あなた”へのストレートな愛を核に、“自分に自信が持てないあなた” “孤独なあなた”など愛の形を広げていく。

T-PABLOW、RYKEY、SALU、JP THE WAVY、CHICO CARLITO、T2K、ZEUS、AICOなど客演も豪華。YOUNG FREEZと異なる質感の声で、アルバムの彩りを豊かなものにしている。

11曲目『BE ALRIGHT』は“ラジオを聴いてる世界中のあなた”に向けられており、今後の展開に胸がはずむ。

 

■トラックリスト

1. NOW OR NEVER feat. T-Pablow, RYKEY
2. PICK YOU UP feat. SALU
3. INTO YOU
4. SON OF GOLD feat. JP THE WAVY
5. ONE MORE TIME
6. BE MYSELF & BE ME feat. CHICO CARLITO
7. 後に続け
8. IN YOUR SPACE
9. PLAYER PLAYER
10. LOST feat. T2K, ZEUS
11. BE ALRIGHT
12. INTO YOU (REMIX) feat. AICO [Bonus Track]

 


アルバム3曲目『INTO YOU』

(Prod. by JIGG)

 

「どんな時間より 君との1秒の方が大事」

“あなた”におくる直球ど真ん中のLOVE SONG。時代の変革期で不安になるからこそ、ストレートな表現が力強い。オートチューンのかかり具合も絶妙で、Trap以降の新しさを提示したラブソングになっている。

2018年のラブソングとえいば曲と歌い継がれてもおかしくない。

 


アルバム4曲目『SON OF GOLD feat. JP THE WAVY』

(Prod. by JIGG)

 

 

「いつでもカッコいい音でRAPPING」

クラシック音楽のチェロンバをサンプリングし、未来サウンドに仕上げたJIGGの手腕が冴える曲。ゴールドをテーマに、カッコ良さの純度を歌うYOUNG FREEZ、輝きをラップするJP THE WAVY。鍛えた肉体の美と、身体を動かす美しさ。そして声質の違いなどコントラストが楽しめる。

 


アルバム8曲目『IN YOUR SPACE』

(Prod. by JIGG)

 

 

「I don’t forget..」

ディレイを効果的に使うことで、アルバム中、最もスピード感ある曲となっている。このスピード感は、慌ただしさに翻弄され、あいまいになる記憶の象徴しているかのよう。その中で、“隣にいるお前”との時間を忘れずに心に刻もうと、力強くピアノが鳴らされる。

 

 


YOUNG FREEZをさらに知りたいあなたへ

 

⬇︎HIPHOPを聴き始めたきっかけやルーツ、1stアルバムのラップスタイルなどについて語ってます。

 


1stアルバム『Be Fame』より『No One』

(Prod. by JIGG)

 

 

「たまにはかけてくれよCALL BACK」

ここ最近、YOUNG FREEZを知った人は、ハードなトラックとラップに驚いたはず。(実は著者がその1人)そんな曲調でもフローの滑らかさが際立っていて聴きやすい。後半はトラックメーカーのJIGGが音で大暴れしていて、クラブで盛り上がる痛快な仕上がりとなっている。
ハードさを兼ね備えつつも、愛に満ちた2ndアルバムを完成させたYOUNG FREEZ。人としての興味が増すばかりである。

 


コメントを残す

CAPTCHA