【日本語ラップ 2019】11月のおすすめMV10選(一部コメント&各レビューつき)

どうも、HIPHOPライターのドラム師匠です。

 

11月はTwitterにてMVレビュー ➡︎ 37本
Liveレビュー ➡︎ 2本
ブログ記事 ➡︎ 3本

書きました。そんな私が気になった

 

|11月のHIPHOPトピック|

 

BAD HOPが豪華USプロデューサー陣とコラボしたEPを発表。

 

8月7日、BAD HOPのSNSに突然アップされたのは、L.Aレコーディング中にMigosのQuavoが遊びに来た動画。ヘッズ達は訳も分からず興奮しましたが、ようやく全貌が明らかに。超有名USプロデューサーとコラボしたEP『Lift Off』が、11月15日にApple Music限定でリリース。内容には賛否両論あり、SNSで話題となりました。

 

 

 

※手前味噌でなんですが、ヒップホップYouTuber・Lil Goli 君と私ドラム師匠がラジオを始めました。この作品について、あるポイントをチェックすると曲の見え方が大きく変わるという話をしています。よければこちらもチェックして下さい ⬇︎

YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと…

 

と自分たちの宣伝は横に置いといて。19年11月、YouTubeに公開されたオススメの10曲を紹介します。今月は大阪のHIPHOPバンドや、福岡の度肝を抜く若手など色とりどりのラインナップ。さらにPUNPEEや唾奇のMVも手がける映像作家/ラッパーのOleがコメントを寄せてくれました‼️どんな気持ちで曲を作ったか、その一端がうかがえます。

 

有名・無名問わずセレクトしたので最後までお楽しみ下さい‼️

 

※ 歌詞=リリック、サビ=HOOK、ラップをしているパート=Verse とHIPHOP用語で表記しています。
※ 本文で赤字のついたアーティスト名は、Twitterとリンクしています。

 


 

[toc]

 


|SATTU CREW / Classics|

( Prod. by SATTU CREW )

 

HIPHOPでは、ラッパー + DJがいるスタイルが定番だが、最近徐々に増えてきたのがバンドスタイルだ。大阪のHIPHOPバンド SATTU CREW(サッツクルー)はMC、サックス、ピアノ/キーボード、ベース、ドラムの5人からなる。構成から分かる通り、JAZZをベースにした大人びた曲調と野性味あるVER$E JACK RIBEROのラップ、そしてバンドならではの緊張感が味わえる。

 

「息をする様に感じろよbeat
今この瞬間のLIFEがClassics」

 

このバンドで音を鳴らせば、1秒前はすでにClassics。ブレイクの度にMC、キーボード、saxと各プレイヤーにスポットライトが当たり、見える景色が様変わりするのはバンドならではの展開力。特に2Verse目が終わってからのサックスの暴れっぷりは鳥肌モノ。

 

 

⬇︎この曲の配信リンク

TuneCore Japan

シングル • 2019年 • 1曲 • 3分…

 


|JUNCTION THREE / きっときっと大丈夫|

 

何⁉️この空間の歪ませ方は!

 

小倉注目のクルー JUNCTION THREE より前作MV「ギリギリジャンプ」に続いて DAORiッキー がキック。

 

気だるいラップと、くぐもらせたコーラスが、空気を沈ませるダウナーな曲。と思いきや、途中で「ドゥ・ドゥ・ドゥッ・ドゥッ・ドゥ」とドゥワップを挿入し、カジュアルに決めてしまう。その発想力、天才か!

 

 

⬇︎「ギリギリジャンプ」の配信リンク

TuneCore Japan

シングル • 2019年 • 1曲 • 3分…

 

⬇︎ JUNCTION THREEの曲は、この記事でも紹介しています。

JPN 🇯🇵 HIPHOP ch.

'19年9月に公開されたオススメの10曲です。梅田サイファーよりKZさんのミニインタビューを敢行。また名古屋のラッパーK…

 


|Koh / なんだ|

 

この音 凶暴につき💀

 

大阪のクルーTHA JOINTZ に所属する Koh の突然変異。Twitterのタイムラインは“なんだなんだ”の大騒ぎ。これはTrapを経由したデジタルハードコアか?大阪インディノイズの系譜か?

 

Koh曰く、“インプットした好きなもんを俺のやり方でアウトプットして、新しいもん作っていきます”とのこと。

 

「気づけば友達大体Crazy
イかれた街大阪からAre You Ready」

 

全てをブッ壊したい方、いらっしゃい!

 

 

⬇︎この曲の配信リンク

TuneCore Japan

シングル • 2019年 • 1曲 • 3分…

 


|G-HOPE / End of The F***ing World|

 

第16回高ラ選手権に出場した際、“第13回大会で優勝したのに、自分だけ人気がでなかった”と自虐的に語った G-HOPE 。そんな悔しさを、寂し気なメロディで曲に落とし込む。

 

「満たされない心が今にもはち切れそう でも助けは来ないんだ」「いつかこの音楽に救われたのに 今その音楽に足を掬(すく)われて」

 

胸が締めつけられ、ここで終わるな!と拳に力が入る。

 


|guca owl / Broken common sense|

( Prod. by WILD SIDE )

 

少年が起こした出来事が世間を騒がし、大統領も死んだらしい。

 

そんな不確かかつショッキングなニュースで始まるこの曲。香港やイランなど世界各国でデモが起こる不穏な空気を反映している。

 

「逃げ遅れればもう置き去り 崩れてく常識の下敷き」

 

心に残るメロディを、エモTrapに乗せて歌う guca owl(グカール)。鬱憤がたまった若者が、古い価値観をぶっ壊す衝動、そしてニヤリと笑う狂気さで最後まで聴かせる。

 

 

⬇︎バイラルヒットした guca owl の「今夜はハダシデ」。メロディの良さが冴える。

TuneCore Japan

シングル • 2019年 • 1曲 • 3分…

 


|CHOUJI / RunningStreets|

 

勢いがあった頃の香港映画のような緊迫感あるトラック。次第にドラムの勇ましさが増し、和太鼓が木霊する。エイサーの掛け声を入れるなど伝統を取り入れたスケール感あるHIPHOP。

 

「立てるよ人差し指も 邪魔するなら逆さにするよ」

 

沖縄のラッパー CHOUJI は、ストリートで生きるハードさを物語る。

 

 

⬇︎この曲の配信リンク

TuneCore Japan

アルバム • 2019年 • 4曲 • 15分…

 

⬇︎ CHOUJIの曲は、こちらの記事でも紹介しています。

JPN 🇯🇵 HIPHOP ch.

2018年9月にYouTubeにアップされたおすすめMV10曲を紹介します。有名・無名問わずセレクトしました。…

 


|Eco Skinny / Flex my brain|

 

パートナー Neon Nonthana との活動で知られる Eco Skinny 。このソロ曲では怒っている。とあるラッパーに怒ってる。

 

「汚い業界nonfiction いろいろ知ったよhiphop」

 

憤りを一気にブチまけたような途切れないラップ。連打する倍速ハイハットが追随し、勢いをつける。これが俺からの回答と言わんばかりに、圧倒的なスキルを見せつける。カッコいいラッパーってこう言うことだよね。

 

 

⬇︎“タピオカ片手にfeel like I’m a jk”がバイラルヒットしたeco skinny & Neon Nonthanaの「IRREGULAR LIFE」

TuneCore Japan

シングル • 2019年 • 1曲 • 2分…

 

⬇︎ Eco Skinnyの曲は、この記事でも紹介しています。

JPN 🇯🇵 HIPHOP ch.

'19年6月に公開されたオススメの10曲です。今回ラッパーのMarcorosso、Bob Dogg、寝坊主からコメントを…

 


|PONEY × U-mallow / NewDay|

 

毎月シングルを配信したり、YouTubeではほぼ毎日フリースタイル動画をアップするなどアクティブに活動する山梨ラッパー PONEY 。MCバトルでは、無骨さと、時折見せるフローの上手さが印象的。自分のスタイルを貫きつつ、そのフローをHOOKのメロディにのせる。

 

「取り戻せ 音にのせ 想いを馳せ」

 

バトルでも活躍しているが、声の良さから音源が待ち望まれている若手ラッパー U-mallow 。彼が2Verse目で吹かせる風通しの良さも最高!合言葉は「ナイスパニック!」

 

⬇︎この曲の配信リンク

TuneCore Japan

シングル • 2019年 • 1曲 • 3分…

 


|ICARUS / Spell Magic|

 

「まず確約カス隠さずガス爆発」このリリック声出して言ってみて!言えない😆

 

レゴのように角ばった言葉が次々と流れてくる気持ちよさ!素人では到底マネのできないライミング。客演では繊細な歌声が印象的だった福岡のラッパー ICARUS (イカロス)が、このソロ作で才能を爆発させる。

 

ブッカケときてスペル🙊などの言葉遊びも冴える。ICARUSは今後くるよ!

 


|Ole / mood|

( beats by jizo inc. )

 

PUNPEEのMV「タイムマシーンにのって」のアニメーション・ディレクターを務めるなど映像クリエイターとしての顔をもつ多才なラッパー Ole 。時代を乗りこなす足取りの軽さが魅力的なOleだが、この曲でつづられる意外な心情に驚かされる。

 

「上手くいかずして俺ってダメだな 素直になれんの音ん中だけだな」

 

深々と降る黒い雪のようなピアノが心に残る。本格的な冬の季節はすぐそこまで来ている。

 

Oleからのコメント

 

こんにちは。Oleです。

「mood」は僕の中ではかなり気に入った曲で、もしかしたら1番自分らしい色合いなのかなぁと思ってます。繰り返しのcity lifeの中で、そんなに頑張りたくないけどゆったり揺れながら今日はいきたいなってときに生まれた曲です。

すっかり肌寒くなって、街でもチラホラとダウンを着た方を見るようになりました。ファスナーを上まで締めて太めのパンツにお気に入りのキャップ。クールなスニーカーで決めたら、今日はこの曲にしましょう。 きっと悪くない日になるよ。揺れていこうぜ。

 

 

⬇︎Oleの1st EP「EASY EASE」の配信リンク

smartlink

Listen to Ole - EASY EASE…

 

⬇︎ Oleは、こちらの記事でもコメントを寄せてくれてます。

JPN 🇯🇵 HIPHOP ch.

'18年12月に公開されたオススメの10曲です。今回、2名のアーティストからコメントをもらいました。音楽家がどんなことを…

 


|さらに聴きたい人へ|

 

上記の10曲以外に紹介しきれなかった【11月のオススメMV】が60曲入ったプレイリストを作りました。トータル約180分あるので、もっとHIPHOPに浸りたい人はチェックしてみて!連続再生したり、シャッフルできるので、お気に入りの曲と出会えますように。

 

YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと…

 

そしてリリースは現在進行形で続いていて、’19年12月のプレイリストにも曲が溜まっています。Twitter(https://twitter.com/drumshisho)では毎日レビューを書いています。最新の国産HIPHOPに触れたい方はチャンネル登録 &フォローをお願いします🙇‍♂️

 

ではまた✋🏽

最新情報をチェックしよう!