【注目アーティスト・クリエイターにきく】 2018年にクラった1曲( 3/3 )




 

日々は慌ただしく過ぎていくから、後ろを振りむく暇がない。
年末は一年を区切り、自分を見つめるいいタイミング。

ということで、HIPHOPにまつわるアーティスト・クリエイターに2018年 クラった1曲を挙げてもらいました。3回シリーズの最終回です。

この曲にクラった人からこんな表現が生まれるのか!
と知ることでHIPHOPの奥深さに触れて下さい。

今回は、

 

・ビートメーカー・Leo Iwamura

・Trap系ラッパー・Nidra Assassin

・兵庫のラッパー・EXCELL ( from PEAKY’s CLUB )

 

が選んでくれました。

彼らの楽曲もレビューをつけて紹介しています。
最後までお楽しみ下さい。

 

※ 歌詞=リリック、サビ=HOOK とHIPHOP用語で表記しています。

 


◾️プロフィール
93年生まれのビートメイカー、DJ。
2017年より神戸から東京に拠点を移し活動。
JazzやFusionをサンプリングしたチルなビートが特徴。
国内外問わずビートを提供している。
2018年、ラッパーJ’Da Skit(ジェイダスキット)とのジョイントアルバム『 In My Life 』をリリース。
クリエイティブクルー “Blueworks” を立ち上げるなど様々な分野で精力的に活動している。

 

Leo Iwamura の2018年 クラった1曲

| WIDDIT / LAVA LA RUE|

Leo Iwamura のコメント

ロンドン出身のフィメールラッパーLava La Rue。
Lo-Fi かつ浮遊感のあるビートに心地よいラップが最高の楽曲です。
EP自体もシンプルながらも飽きのこない構成となっていて、
アンダーグラウンド感があり、最近影響されています。

 

 

Leo Iwamura の楽曲
J’Da Skit × Leo Iwamura / Lazy, Rainy feat.Mid-S|

(レビュー)

盟友Mid-S(ミッドエス)を客演に迎えた曲。

HIPHOPでは珍しいマリンバを用いたLeo Iwamuraのトラックに心奪われる。
マリンバとドラムは共に打楽器。ぶつかり合わぬよう、音の隙間をすり抜けるラップはまさにRainy。

 

⬇︎この記事では、J’Da Skitのコメント付きで2人の楽曲を紹介している。

 


◾️プロフィール
兵庫県川西市出身の21歳
Trap界注目のラッパーの1人。
2017年、6曲入りEP『Slope Wood Rose』をリリース。
2019年、Dutch RawzとのAlbumとNew Videoを公開予定。

 

Nidra Assassin の2018年 クラった1曲

| PRC / GONE.. |

Nidra Assassin のコメント

PRCは、イケメンで、高身長で、クールなラップをするので するのでうらやましいです。
恵まれた資質を持ちながら陰の部分があり、ラップの世界観に反映されています。
この曲は過小評価されているように感じます。
是非バズって欲しいです!

 

 

 

 

Nidra Assassinの楽曲

|Nidra Assassin / ZIP|

(レビュー)

Nidra Assassinの気迫あふれるステージとは違い、この曲はチルなTrap。
Classicのサンプリングとおぼしきこもらせた音色は、遠くにある蓄音機から流れてるよう。

改札を抜けて”あの時”の記憶を呼び起こしつつ“君に会いに行く”。

途中、息つぎを忘れるほど高速になるラップが気持ちいい。

 

 

⬇︎この記事では、『Nidra Assassin / persona 』を紹介している。

 


◾️プロフィール
兵庫県出身の30才。
2016年、同郷のWORLD BEATERと【PEAKY’s CLUB】を結成。
1988年生まれのメンバーで構成された大型クルー【88POSSE】に所属。
2016年に無料配信EP『LEAK』リリース。
2018年に 1st EP『エゴサーチ』、2nd EP『scenes』をリリース。
2019年2月6日、ソロEP『FOOLMATE』をitunes等各種ストリーミングサイトにてリリース予定。

 

EXCELL の2018年 クラった1曲

| No name’s / Sorry |

 

EXCELL のコメント

兵庫県出身のNo name’sは、ルックスやスキルはもちろん、彼等の制作スピードとそれに比例する曲のクオリティにはとても驚かされます。
オフレコですがこの『Sorry』はTrackを一から組み始めて、レコーディング終わらせるまで1時間足らずで仕上げていました。
今年はShurkn PapやMerry Delo等兵庫県から全国に届く作品が増えました。これを機に兵庫の街にLiveをみに来たり、パーティーに遊びに来て欲しいです。
2019年は同じ88世代の BOIL RHYME のNEWアルバムを皮切りに、兵庫勢がシーン掻っ攫っていきたいと本気で思っていますので、皆様是非兵庫県のプレイヤー達に注目してください。(もちろん僕等のチェックもよろしくお願いします。)

 

 

 

 

PEAKY’s CLUB の作品

|CONVERSE / usshi x PEAKY’s CLUB |

(レビュー)

兵庫県の大型クルー88POSSE に所属する3人の会話形式マイクリレー。

親しみあるメロディに乗せてラップするのはやるせない話。
芸人はどんなに辛い事があっても面白いエピソードに変換する様に、ラッパーは「どんなことも書き残す」ことでイケてる曲に変換する。

少し哀愁があって、少し寂しくて、少し情けなくて、
それでも前を向くのがPEAKY’s CLUB。
HIPHOP界では稀有な存在となっている。

EXCLEEのささやきボイスもいい。

 


終わりに

いかがでしたか?
3回シリーズで9組のアーティスト・クリエーターに協力いただきました。
強行なスケージュールに対応して頂き感謝しております。

最後に、筆者である私も1曲を選ばせてもらいした。
皆さん、2019年もよろしくお願いします。
では✋🏽

 

 

|13ELL / EXP. |

(レビュー)
京都とクルー・DCAに所属する13ELL(ベル)。
この曲は、HIPHOPならではの際どいリリックでありながら、それを感じさせない極上ビート&ライムで脳トロけていくような感覚になる。
2017年に発表した『I.N.G』での絶望的な状況から、シーンが少しずつ好転しているもの伝わる。

世界的に大麻解禁の流れもあり、2018年を象徴する曲と言える。

 

 

 

 

 

コメントを残す

CAPTCHA