【注目アーティスト・クリエイターにきく】 2018年にクラった1曲(1/3 )


 

 

「タッタッタッタッタッ」
師匠が走っていく。

12月は何かと気ぜわしい。

そう感じるは、新しい年に心をリセットする準備に追われている証拠。

日々は慌ただしく過ぎていくから、後ろを振りむく暇がない。
年末は一年を区切り、自分を見つめるいいタイミング。

 

ということで今回は、HIPHOPにまつわるアーティスト・クリエイターに2018年 クラった一曲を挙げてもらいました。

「分かる〜!」と納得できる曲もあれば、
「そうきたか!」と驚く曲もあって楽しめます。

この曲にクラった人からこんな表現が生まれるのか!
と知ることで、HIPHOPの奥深さに触れて下さい。

第1弾は、

・夜猫族に所属するラッパー・XakiMichele(ザキミケーレ)

・沖縄の注目若手ラッパー・Dloop

・HIPHOPユーチューバー・Lil Gori

が選んでくれました。
彼らの楽曲または動画も、レビューをつけて紹介しています。
最後までお楽しみ下さい。

※ 歌詞=リリック、サビ=HOOK  とHIPHOP用語で表記しています。

 

 

 

◾️プロフィール
福島県出身。2018年から夜猫族のメンバーとして音楽活動を開始。
独特な声とビートアプローチが武器であり、他に類を見ない独自のスタイルは国内に留まらず海外からの評価も得ている。
Sound Cloudにて公開した「Pussy Lake feat AJAH」が評判を呼び、クルーとしてだけでなくソロとしての活動へも期待が高まる。
現在は東京を拠点に活動しており、2019年には自身のEPのリリースを予定している。

 

 

XakiMichele の2018年 クラった1曲

【 山崎蒼志 / 五月雨 】

 

 

XakiMichele のコメント

この曲はツイッターを通して知りました。
AbemaTVの番組に登場してギターを片手に歌っていたのですが、ギターがとても上手なうえ、中毒性のある歌い方にシビレました。

HIP HOPだと
・BamSavageの「Commotion」
・カナダのラッパーLBの「Oh My Gawd」
・Brianna Perry「100 Reasons」
などが特にクラいました。

そして毎度確実にクラわせてくるのは、一緒に活動しているA JAHです。 出会う前からAJAHの曲は聴いていて、素直に女性で一番好きなアーティストです。

 

 

 


XakiMicheleの楽曲

(レビュー)
頭を錯乱させるTrap。低音のまま言葉を途切れさせず突き抜けるXakiMichele。ため息を含んだ憂いある歌/ラップのAJAHは、浅川マキを彷彿とさせる。インド音楽的な節回しもあり、大人っぽい独特なムードを漂わせる。

この曲はSoundCloudで公開しているのみ(’18年12月現在)。まだ未発売でありながら、ライブでは早くもキラーチューンと化していて曲の強さに驚かされる。

 

XakiMicheleのライブ動画

 

⬇︎XakiMicheleが所属する夜猫族の特集記事

 

コメントを残す

CAPTCHA