夏を終わらせない! 第2弾‼️ 2019年HIPHOPサマーチューン 10選(各レビューつき)

 

ようやくHIPHOPの夏曲が出そろいましたので、サマーチューン特集の第2弾をお届けします‼️

 

と言っても今は9月も終盤。ちょっと遅くない?と思った人がいると思います。夏らしい曲は、大半が8月に公開されていましたが、9月に入ってからも次々と公開されていました。

 

これはHIPHOPは自主制作がほとんどなため、8月にMVの撮影し、それから動画編集をすると8月末〜9月までずれ込んでしまうことが多いようです。みんなギリギリの状況で闘っているのです。’18年も同じような状況でした。

 

という訳で、2019年を代表するサマーチューン10曲をお届けします。夏をふり返るもよし、締めくくるもよし、数年後にアーカイブとして使うもよし。夏ならではの開放感をお楽しみ下さい!!

 

これを聴かないと次の季節に行かせませんよ😤

 

 

⬇︎第1弾はこちら

JPN 🇯🇵 HIPHOP ch.

いよいよ夏本番‼️ということで今年もやりますサマーチューン特集。夏が似合う国産HIPHOPを7曲を用意しました。今回、沖…

 

 

※ 歌詞=リリック、サビ=HOOK、ラップをしているパート=Verse とHIPHOP用語で表記しています。
※ 本文で赤字のついたアーティスト名は、Twitterとリンクしています。


 

[toc]

 


|Normcore Boyz / ANTI SOCIAL CLUB|

 

フットワークの軽さが特徴的な、お台場を拠点に活動するクルー Normcore Boyz 。

 

様々な挑戦を経て届けてくれた四つ打ちサマーチューン。メンバー各々がスキルを磨きスタイルを確立させたため、一度に多様なラップが聴ける。特に OSAMI が歌うHOOKはリフレインが効果的。小学生も思わず口ずさむほどのキャッチさ。彼らの笑顔がいいし、ぎこちないダンスも楽しい。

 

 

⬇︎配信はこちら

 


|Soulflex / Free Ya Mind|

 

Ah〜聴きほれる。うっとりするしかできないほどの極上サウンド。

 

ビートメイカー Mori Zentaro を中心に大阪で結成された総勢11名の音楽コレクティブ Soulflex 。今や人気シンガーとなった SIRUP が所属するが、そんなことも気にならないほどメンバー個々のスキルの高さに魅せられる。バンドならではの人肌の温もり、3人のシンガー/ラッパーの澄んだ声の競演。頭で描く以上のビーチがここにある。

 

 

⬇︎配信リンクはこちら

 


| MADLISK / Sing feat.Leonald|

( Prod. by MADLISK )

 

優しさに満ちた作品。
福岡で活動するビートメイカーMADLISK によるみずみずしく潤いあるトラック。ゆったりとしたフローで音の波を作る沖縄のラッパー Leonald のラップがマッチする。

 

「進む途中 嫌なにわか雨」

 

その後に入る乾いたホーンが、気分を晴れやかにしてくれる。この曲が収録された1st EP『Flower of Life』は’19年内発売予定。

 

 

TuneCore Japan

Single • 2019 • 1 Song • 3 mins…

 


|$LY / AIM HIGH feat. Mr.Low-D|

 

空を突き抜けるほどの高音Vo.が特徴的な茨城のラッパー $LY 。涼しげな歌は体温を下げ、視界を開かせる。Mr.Low-D の落ち着きある声が曲をグッと引き締める。

 

「鏡の中うつるスマイル 行ける所までFLY」

 

前向きさに自然と気持ちがハイになる。

 

 

⬇︎配信リンクはこちら

TuneCore Japan

Single • 2019 • 1 Song • 3 mins…

 


|Orland Jay / TWERK feat. Gang Age|

( Prod. by ICEE )

 

[ twerk = 足を開いて腰を落とし、お尻を激しく振るHIPHOPダンスの一種 ]

 

スティールパンを多用した涼しげなトラック。フィリピン生まれ日本育ち、神戸・大阪を拠点に活動する Orland Jay が、関西を中心に活動する3MCのユニット Gang Age を客演に迎えた曲。

 

「可愛い君 こっち来な」

 

お尻を振る女の子が男心を解放する。途中でTrap→四つ打ちに変わる離れ業。禁じ手のように思えるこの手法も、楽しいからOKってな気分になる。

 


|SHOWGA / OTO NO UE|

( Prod. by GACHA )

 

ジャマイカ在住の音楽プロデューサー GACHA による透明感と清涼感あるトラック。そして重力を解放する浮遊感が、リバーブがかった SHOWGA の歌声を伸びやかに響き渡らせる。

「この音の上」の気持ち良さは、リスナーをどこまでも連れてってくれる。

 

 


|Gottz , Yo-Sea & Neetz / Neon Step|

( Prod. by Neetz )


大所帯ヒップホップクルー KANDYTOWN のメンバーであり、トラックメーカー/ラッパーである Neetz によるキラびやかでトロピカルなダンスナンバー。

沖縄のシンガー/ラッパー Yo-Sea の澄んだ高音がフックで更に高度をあげる。高さに慣れた頃に同じくKANDYTOWNのメンバー Gottz のアーシーボイスで急降下。気分は航空ショーのパイロット。声質の違いで景色が変わるのが楽しい。

 

この曲が収録されたアルバム『SOUTHPARK』
⬇︎画像をクリックするとAmazonストアに飛べる

 


|WILYWNKA / Good Morning feat. Young Coco|

 

絶えずリリースを続ける WILYWNKA の1年ぶりNEWアルバムからの1曲。

 

夜が似合うTrap系ラッパー Young Coco の歌声が、フィルターがかったトラックに混ざると、朝モヤの中をすり抜けるように聴こえる。

 

真夜中から朝の境界が曖昧な中で、確かなものとして描かれる「T に着いた女の残り香」がパンチライン👊

 

 

この曲が収録された2ndアルバム『PAUSE
⬇︎画像をクリックするとAmazonストアに飛べる

 


|Seiho / Wareru feat. 5lack|

( Prod. by Seiho )

 

“夏の幻想”をテーマに作られた曲。制作は随分前に済んでいたが、夏の終わりに届けたいとリリースのタイミングを伺っていた。

 

Seiho はエレクトリック系DJ ゆえ、掛け声をリズムキープの為だけでなく空間を拡げる効果も生みだす。HOOKもベースもなく、楽器にメロディを語らせることで「道は続いて行く」感を演出。

 

5lackがVerseを蹴っていても、HIPHOPとは異なる音像が新鮮。映画「菊次郎の夏」を連想するメロディラインもあり。どこか懐かしく、ここではないどこかの夏の物語。

 

 

⬇︎配信リンクはこちら

smartlink

Listen to Seiho - Wareru feat.5lack…

 


|Random Square / fly by sunset|

金沢を拠点に活動する2MC,1DJ,デザイナーを含めたクルー Random Square。兄弟である2MC(兄 Cee Scotch 、弟 Jay Curry )は、声域の心地いい場所を意識したまろやか&クリーミーな歌声が心地いい。

 

「日が沈み流れるサンセット」

 

ラップがアクセントになり、澄んだ空気感に包まれ、日常とは違う景色を見せてくれる。旅をしながら聴いてたい。

 

⬇︎この曲が収録されたEP

TuneCore Japan

Album • 2019 • 6 Songs • 20 mins…

 


|さらに聴きたい人へ|

 

いかがでしたか?サマーチューンってやっぱりいいですよね。上記の10曲以外に今回紹介しきれなかったサマーチューンが25曲入ったプレイリストを作りました。

連続して聴けるので、お気に入りの曲を見つけて下さい。
次は2020年のサマーチューン特集で会いましょう!
では🖐️

 

 

 

⬇︎2018年のサマーチューンはこちらから

JPN 🇯🇵 HIPHOP ch.

2018年に聴いてほしい極上サマーチューン10曲を集めました。狂ったように暑い日は、HIPHOPで涼を感じて下さい。…

JPN 🇯🇵 HIPHOP ch.

2018年に聴いてほしい極上サマーチューン第2弾です。狂ったように暑かった夏を、HIPHOPでふり返って下さい。まだ夏を…

JPN 🇯🇵 HIPHOP ch.

HIPHOP界では8月末〜9月に入ってもサマーチューンが続々と発表さました。いい曲を見逃してはいけない!そんな使命感に駆…

 

 

最新情報をチェックしよう!