【2018年 日本語ラップ】7月のおすすめMV10選(各レビューつき)

〓 7月のHIPHOPトピック 〓

①、サマーチューンが続々と発表される。
AKLO15MUSDJ CHARI & DJ TATSUKI

詳しくは↓で紹介しています。

JPN 🇯🇵 HIPHOP ch.

2018年に聴いてほしい極上サマーチューン10曲を集めました。狂ったように暑い日は、HIPHOPで涼を感じて下さい。…

 

②、若手ラッパーが台頭!

ということで今回は、2018年7月、YouTubeに公開された若手ラッパーの作品を紹介します。選りすぐりの10曲を選びましたので、最後までお楽しみ下さい。

 


[toc]

Normcore Boyz/Black Parker Feat Spada.Young Dalu &OSAMI


〓 ミニマルに 機能的に 〓

東京お台場を拠点に活動する若手クルー:NormcoreBoyz。彼らの身のこなしの軽さが上手く表現された曲で、「Back Parker」というHOOKが繰り返される。
ムダを省きミニマルに快楽性を追求した結果、機能的なサウンドにデザインされている。上下黒の服に白スニーカーと衣装もミニマルで見せ方も上手い。
「BLACKPARKERしか着ない」
そうだっけ?

「今いらないビッチ」
そうだっけ?

と突っ込みたくなるが、曲によって見せ方をキャラを変えてていい。
 
クールに決めつつも最後は笑顔で駆け出す。
やっぱりNormcoreBoyzはこうでなきゃ。

 

 


【#Cold Space/Takin’ Over(prod. by ARK ONE)


〓 歌詞が4ヶ国語対応 〓

沖縄のサイファーで出会ったという、2000生まれのJoseph BlackwellKoLuKe のユニット:#Cold Space。

Trapのダークな世界観から一歩脱けだし、見えるのは広大な幻想風景。新しさの中に、どこかで聴いたことある懐かしさがあるメロディー。HIPHOPのみならず、歌い継がれたものをさらに深化させて自分たちが次世代に伝える。

『Takin’ Over(引き継ぐ)』

曲名から、そんな覚悟と志の高さが伝わってくる。
MVに出てくる特攻服も美しい。

 

 


【SHACHI/Turn Up The Music (prod. by SAME)

 

〓 カワイイに媚びていない 〓

CY8ERというでアイドルグループで活動するSHACHI

しかし、アイドルと言ってあなどるなかれ。
彼女はMCバトルにエントリーする現場の叩き上げ。ラップの上手さに驚くはず。

曲は、線の細い歌声とファルセットがオートチューンを介して絶妙に揺らぐ。ラップになると素に近い声になりハッさせられる。この娘の芯は強い。

顔写真のないジャケットを見れば本気度が分かるはず。

 

 


RepYourSelf/LOUD (prod. by Loha)

 

〓 “流行りの罠 俺らはまんない” 〓

東京で注目の若手クルー:RepYourSelf。

「改正開始」と日本語ラップのレジェンド:MICROPHONE PAGERへの敬意から始まる。彼らが生れた頃に流行った90年代HIPHOPを踏襲した、ベースが黒くて煙たいサウンド。

流行りのTrapで個性が埋もれる作品が多い中、ゴリゴリのHIPHOPが新鮮に聴こえる。

“お前が勧めてきたあの曲ダッセェから お前もダッセェてことでいいんだよな”
若さゆえの生意気さ、最高!

 

 


【K.O./My Dice (prod. by SLICK)

 

〓 DJが忍ばせる必殺曲 〓

QEENの『We Will Rock You』を彷彿させる太いキック。
「HEY! HEY!」の掛け声とともに鳴らされるサイレン。
名古屋のラッパーK.O. による早口でまくし立てるラップ。

フロアー映えする要素が全部つまった曲。
キックを抜いた時になる舌を鳴らしたような破裂音
からの➡︎キックで気分が上がる〜。

DJはお客のハートをつかむ時にかけるのか?クライマックスでかけるのか?
いずれにせよフロアーが盛り上がること間違いなし!

 

 


【GOMESS/夕 (prod. by 藤本九六介)

 

〓 「夢を見てたと嘘をついた」 〓

雨のしずくが重力にそって落ちる様に、ポツリポツリと語りかけるラップ。自閉症やパニック障害で苦しんだGOMESSの壮絶な体験が、詩的に昇華されていく。

アルゼンチンのエレクトロニカを意識したというサウンドが、言葉を優しく包み込む。

手の動きにも注目!

 

GOMESS OFFICIAL SITE

自閉症と共に生きる、文学的フリースタイルラッパーGOMESSの公式HPです。…

 


【KAIKI/HI LO】

 

〓 ほんの少しでも近づけた1秒先に愛を 〓

宮崎から単身上京し、東大阪を中心に活動する“HIGH VISION STREET”に所属する
KAIKI

ピアノとバイオリンを弾く音色が美しい曲。
KAIKIの歌声もなめからで美しいが、それだけで終わらない。

理想とは程遠いからこそ、もがく気持ちが力強い歌になる。

「胸の中に秘めてあふれ出し」て書かれたリリックが刺さる。

https://youtu.be/8TK0lVyCvO4

 

Twitter

 


【NINE/CHAIN ( prod. by 5HUH31)

 

〓 人生そんなものと言わんばかり 〓

5HUH31によるトラックはワンループならぬ半ループ。
あおられる不安。
それを埋めるかのように言葉をつづるNINEのラップ。

「敵は我なり先も果てないこのLife」

不安を抱えながらも曲は進んでいく。

 

HOUSE OF STEEL

95年 福岡県筑豊は飯塚を中心に毎週末県内外でLIVE活動中、地元が同じである5HUH31がTRACKを作り始めた時から…

 


Draw4/Keep ma mind (prod. by boy2kins)


〓 “マイク持てて当然 んな馬鹿な” 〓

大阪は枚方のクルー“HRKT CYPHER”に所属する:Draw4。
心の傷が原動力のラッパーが多い中、音楽と自分にまっすぐ向き合うラップに好感が持てる。共演者から慕われているのも頷ける。

初MVの曲で、あえて感情を押し殺したHOOKを歌えるのは大物の証。
サッカーDFが守りながらも、攻撃的にラインを押し上げるような勇気を感じる。

 

Twitter

 


ness wet/sick side rmx HARDY & KAKKY

〓 “この夜はサイレント 心はレイン” 〓

神戸のラッパーness wet
自身の曲に、HARDYKAKKYがフリースタイルでラップをのせたのがこのリミックス。

風も時間も止まった夏の夜に、騒がしさはいらない。
抑えを効かせたラップがハマる。
悲しげなHOOKが涼を感じさせる。汗ばむ体に丁度いい。

このバーション以外にも【Kaisei remix】【 (remix) by jaff】【feat.CLATZ(Remix)】が作られており、クリエイター心をくすぐる名曲となっている。

 


さらに聴きたい人へ

上記の10曲以外に、紹介しきれなかったおすすめ40曲を挙げました。
連続して聴けるので、BGMとして聴きながら好きな曲と出逢ってください。

今後もプレイリストを作る予定なので、気に入った方はチャンネル登録をお願いします。

8月も続々といい曲がそろってます!

YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと…

 

最新情報をチェックしよう!