【2018年 日本語ラップ 】11月のおすすめMV10選(各レビュー&ー部コメントつき)



 

〓 11月のHIPHOPトピック 〓


① BAD HOPが武道館公演を成功させる。

7000人で合唱する「川崎区で有名になりたきゃ 人殺すかラッパーになるかだ」がすごかった!との多数のツイートがあがる。またアリーナ中央に設置されたLEDステージが音とリンクしており、光の演出も話題になる。

 

② レーベル PitchOddMansion が各地で無料配布したMixCDがすぐになくなり、メルカリで売られる。

※レーベルPitch Odd Mansionに所属するTENの曲を後ほど紹介します。

 

③ ’18年夏に行われた “AKLO X ZORN” による『A to Z TOUR 2018』の追加公演が行われ、MVが3曲作られる。

AKLO X ZORN の曲を後ほど紹介します。

 

ということで2018年11月にYouTubeに公開されたオススメの10曲を紹介します。

今回、ありがたいことに3名のラッパーからコメントを頂きました。アーティストがどんなことを考えて曲を作っているか、その一端がうかがえる内容となっています。

有名・無名問わずセレクトしたので最後までお楽しみ下さい。

 

※ 歌詞=リリック、サビ=HOOK とHIPHOP用語で表記しています。
※ 本文で赤字のついたアーティスト名は、Twitterとリンクしています。


 

[toc]

 


|KID FRESINO/Retarded|

( Prod. by VaVa )

 

 

3年ぶりにNEWアルバムを発表した KID FRESINO (キッドフレシノ)。

ラッパー/トラックメーカー VaVa によるトランペットと、いくえにも重ねられたコーラスのアンサンブルが、重厚で深みあるフックを生みだす。対照的にラップは、符割りを微妙にズラすことでグルーヴを作り、歯切れの良さが言葉を軽快に弾ませる。

ソウルジャズやワールドミュージックにも通ずる音楽性は、HIPHOPというジャンルに縛りつけるのはもったいないほど。

すべての音楽好きに聴いてもらいたい。

 

『Retarded』は、アルバム『ài qíng』のラストナンバー。
⬇︎画像をクリックするとAmazonストアに飛べる。


|J’Da Skit × Leo Iwamura/Purple|

( Prod. by Leo Iwamura )

 

 

最近は Blueworks というクルーでも活動しているラッパーの J’Da Skit (ジェイダスキット) とビートメーカー Leo Iwamura によるジョイントアルバムからの1曲。

装飾を削ぎ落としたミニマルアートのように、少ない音色でタイトに聴かせるトラック。J’Da Skitのラップも曲に寄りそいタイトに決めるも、フローの中に熱を込める。シンプルさが聴く者の想像力をかき立てる。

 

□ J’Da Skit からのコメント

『Purple』の製作経緯ですが、 現行の日本語ラップシーンでは珍しく、非常に音数の少ない上ネタに、変わったドラムパターンのスタイリッシュなトラックなため、Rapを乗せるのが難しかったです。

当初、この曲調だと倍速系の言葉を詰めたRapが1番合うのではないかとLeo Iwamuraと話していたのですが、 フロウのイメージを時間をかけ何度も考えていたところ、 グルーヴ感のあるラップの乗せ方を突如閃き、そこからあっという間に完成しました。

そのためリリックは、人間の想像力や閃きを題材としました。万人に受け入れられる流行りのモノを作るよりも、自分達が1番納得出来る作品を作る、行動するなど、人それぞれの独自の生き方の大切さにもフォーカスを当てました。

 

 


⬇︎『Purple』は、アルバム『In My Life』に収録。

 


|iCE KiD/SUPER STAR feat. CreA & Loud|

(Prod. by iCE KiD)

 

 

奈良のビートメーカー iCE KiD が、2015年に結成された大阪のクルー HIGH VISION STREET に所属する CreALoud を客演に迎えた曲。

Trapのリズムにダブステップを取り入れたトラックは、ありそうでなかった組み合わせ。歌の上手い2人の声に野蛮なベースが牙をむく。曲も歌っているようで皆で上がる。大勢の仲間と飛び跳ねるMVの演出も曲調とマッチしてていい。

 

□ CreA からのコメント

この曲は、アンダーグラウンド、オーバーグラウンドって言う枠にこだわらず、そんな縛り振りほどいてまでSTARになるって感じです!

 

 

 


|AKLO/Count On Me feat.ZORN|

( Prod. by BACHLOGIC )

 

 

COUNT ON ME=俺に任せろ

シンガー/トラックメーカーのBACHLOGICによる南米を思わせる縦笛とアフロなリズムが体を揺らす曲。

AKLOがリスナーに向かって「俺に任せろ!」と精神面で引っぱる。一方、ZORNは家族に向かって「生活は任せろ!」と一家を養うリアルを描く。
カッコ良さを維持しながらも、「ソース焼きそば」「TikTok」などのフレーズで急に現実に戻されるのが面白い。

 

 


|SUGARY RAIN/DREAMERS feat.MIKAZUKI|

(Prod. by DODGE NOLEDGE)

京都のレーベル Rock Bottom に加入した20歳のSUGARY RAIN

ROCKとHIPHOPがバランスよくブレンドされた曲。
サザンロックを思わせる歪んだギターには、乾いた心がよく似合う。夢見る気持ちがひょういしたシンセ音が風を切る。“さとり世代”が無くしたと言われる“成り上り”スピリットがここにはある。

 

 

◻︎ SUGARY RAINからのコメント

『DREAMERS』は、ただの歌になりすぎず、ゴリゴリのラップにもなりすぎないよう気をつけました。客演のMIKAZUKIとはよく遊ぶようになり、自然の流れで曲も作ってましたね。

夢を持っている人がいるなら、誰に何を言われても諦めないで欲しいです。 俺は音楽を本気でやるって決めたから、こうして今もやり続けています! 全力で必死こいてやってたら応援してくれる奴はいるから、みんなにも頑張って欲しいです!

 

 

⬇︎「弱かった過去の自分」との決別を歌った1stシングル。『DREAMERS』と同じくロッキンなHIPHOP。

 


|Lunv Loyal/All My Friends feat.ゆるふわギャング,Yuskey Carter&Elle Teresa|

(Prod. by BERABOW)

 

 

18年12月5日に1stアルバムをリリースする秋田出身のラッパー Lunv Loyal 。秋田を代表するHip Hop, Reggaeクルー TEAM REPRESENT ENT. に所属し、地元愛を背負いつつ視線はすでに世界を見すえる。

客演に ゆるふわギャング , Yuskey Carter & Elle Teresa を迎えたこの曲は、気心の知れた仲間とのパーティーチューン。ハジけるシンセ音。はしゃぐパーカッションから笑い声が聞こえてきそう。

朱に交わればヤバくなる。
偽者に別れをつげ、Lunv Loyalが洗練されていく。

 

『All My Friends』が収録されたアルバム『New World Order
⬇︎画像をクリックするとAmazonストアに飛べる。

 

 


|TEN/Calendar Girl|

(Prod. by Sweet William)

 

 

“ラップしないと生きれない” と思わせるほど体もフローもくねらせて、うねりのあるラップする Pitch Odd Mansion 所属の TEN

メロディアスなHOOKに、キュートな女性Vo.と優雅なストリングスがマッチする。後半さらにメロディを追加して贅沢な気分になる。寒い季節にこそ感じる街並みの温もりがよく似合う。

 

 


|Lui Hua/IT’S ON|

 

赤毛がトレードマークの Lui Hua

彼が声を張りあげ歌うと、言葉がダイレクトに飛び込んでくる。
その理由は、オートチューンを薄くしかかけてないから?
歌が上手いから?

それだけじゃない。答えはこの曲の歌詞にある。
「嘘 偽らない この歌のように 君の事好きになれたら 調子いい」

大人になるにつれ身についた鎧をはがし、裸の言葉が胸を打つ。この誠実さが「有言実行のヒーロー」を誕生させる。あとわずかで。

 

⬇︎この曲が収録されたEP


|Normcore Boyz/Still Alive|

 

 

フジテレビ本社があることで有名なお台場を拠点に活動する Normcore Boyz

幼馴じみのクルーだけあって、「遊びじゃない」けど、和気あいあいと遊びながら作ったことが伝わる曲。笑顔で歌うYoung Dalu、ノリでハードコアなラップをするGucci Prince、テクニカルに締めるSpada 。タイプの異なる3人の個性が光る。

カワイイ女の子と遊び、RAPを楽しむ。若さの使い方はこれで間違いない!

 

 

 


|THE CYNICAL BROTHERS/JEDI|

 

 

DeftinYasuark、DJ Ogisoからなる名古屋のクルー THE CYNICAL BROTHERS

雄叫びをあげたくなるほどパーカッシブで野生的な曲。
自由すぎるラップは、手のつけれないTWIGYか?原石のままのJinmenusagiか?。この勢いは、日本語が通じない海外の人にも伝わりそう。キャリアが10年以上なのに、洗練されずに荒々しくなっていくのが最高💯

 

『JEDI』が収録されたアルバム『THELP』
⬇︎画像をクリックするとAmazonストアに飛べる。

 


さらに聴きたい人へ

 

上記の10曲以外に、紹介しきれなかったおすすめ60曲のプレイリストを作りました。連続して聴けるので好きな曲と出逢ってください。

現在12月のプレイリストも作っていていい曲がたまっています。
最新のHIPHOPに触れたい方はチャンネル登録をお願いします。
ではまた✋🏽

YouTube でお気に入りの動画や音楽を楽しみ、オリジナルのコンテンツをアップロードして友だちや家族、世界中の人たちと…

 


最新情報をチェックしよう!